銀行と消費者金融

銀行と消費者金融

銀行と消費者金融のカードローンはどちらがお得!?

 

銀行と消費者金融のカードローンはどちらがお得か考察してみました!

 

消費者金融のデメリットに金利が高いという指摘が今でもありますが、その指摘が正しい反面間違った印象を今でも抱いているという部分もあります。
昔の話ですが上限金利を2つの法律が規制していました。

 

利息制限法と出資法です。

 

消費者金融は上限金利が高い出資法の上限金利を年29.2%を採用していて、銀行は上限金利年20%の利息制限法の上限金利を採用していました。
この金利差と、「サラ金」と呼ばれた時代の取り立てなどの印象が今でも残っているものと思われます。
しかし、その金利差も上限金利が利息制限法に一本化されて、同じ法律によって規制されることになりました。

 

その点での基本的な差は無くなっています。
しかし、そのイメージで判断すると大きなメリットも見逃すことになってしまいます。

 

最近では、少額の貸し付けの金利差はほとんどなく、逆に無利息期間などを設けて消費者ニーズに対応しようとしています。
一定期間に完済したら、利息はいらない貸し出しがあるのです。
そのような仕組みを上手に利用したらカードローンもお得に利用できます。

 

銀行は総量規制の対象外です。
年収の3分の1以上は貸出してはならない、この法律は貸金業法で規制される消費者金融や信販が対象で、銀行法によって規制されています。

 

したがって年収の3分の1以上でも貸出できることになっているのです。
しかし実際は、返済能力を審査するので返済に疑問符が付く場合は、貸出そのものは無理です。

 

どちらのカードローンもほぼ同じです利用者の利便性によってどちらを選ぶか決めたらいいのではないでしょうか。